給湯器

省エネで環境に優しいです

給湯器は以前は灯油の商品を使用している人が多かったですが、現代は電気やガスを燃料にした商品が主流になっています。購入してから5年以上を経過すると、部品が劣化してきて突然故障をする可能性があります。最新の商品と買い替えを検討すると良いでしょう。

作業員

10年以上使用したなら

給湯器を使用してから10年ぐらい経過しているというなら、交換する時期が近づいています。給湯器を交換する場合は本体価格、工事費、割引価格、業者の評判などを総合的に比較して、良さそうな業者に依頼するようにしましょう。

キッチン

安全性に優れる

ガスコンロはIH調理器に比べると、炎が見えるので火加減が調節しやすいですし、火力が強いので短時間で調理ができるなどのメリットがあります。専門業者を利用すると人気のメーカーの商品が揃っているので、ライフスタイルに合った商品を選んで下さい。

給湯器

購入や交換のポイント

お湯の使用量や家族構成を基準に製品を選んだり、サポート体制を重視して業者を決定するのが、給湯器を買う場合の基本です。長期保証や点検サービスを活用して、長期間給湯器を使い続けることも重要ですが、適切な時期に高性能な製品に買い替えることも大切です。

作業員

古いものは変えよう

給湯器には交換のタイミングがあります。それを知るためにも、定期的に専門業者にメンテナンスをお願いしましょう。古いものを使い続けていると故障してしまうこともあります。ある程度の年月が経ったものは、新しく交換した方が安心です。

安全に使うために

キッチン

10年が交換の目安

アパートや新居に引っ越しをして、ガスコンロを自分で購入して備え付けた場合は長く居住した場合でもそのまま同じガスコンロを使用し続ける人が大勢います。実はガスコンロの耐用年数は約10年とされていて、使っているパーツは10年を耐用年数として設計されているため、ガス漏れなどの事故が発生する危険性があるため、10年を目安に買いなおすようにしてください。部品を交換したとしても他の部分が劣化してきていて、何度も修理をしつづけることを考えると新品を購入した方が間違いなく安価で済ませることができます。最近のガスコンロは安全性に関して厳しく製造されています。2008年には家庭用ガスコンロには必ずすべての口に鍋底の温度を感知して自動で火力を調整する安心センサーの取り付けがメーカーに義務付けられました。それ以前に購入したガスコンロを使っている場合には、10年経過していることもあり、無条件で交換したほうがよいでしょう。まだ備え付けから年月が経過していない場合でも、火の付きが悪くなったり、火力の調整がうまくできないとき、火が途中で消えてしまうような場合には、点検にきてもらうようにしてください。ガスコンロ周りは油はねが多く汚れがちです。ガスコンロを交換したり、点検したりするときは絶好の清掃のチャンスです。ガスコンロ本体も点検をしますが、清掃するときにはホースを点検するようにしてください。ゴムでできたホースは使っていなくても劣化していくので少しでも古さを感じるようになったら、ホースは安価なものなので安全のために交換するようにしてください。